2016年10月20日木曜日

分厚い美しいカラー層アンモライト   Super Thick layers of BEATIFUL AMMOLITE  コレクターストーン  Collector Stones & Display Pieces


ここ数日かかりましたが素晴らしいジェムストーンが出来て興奮しています。

とてもカラー層が厚く、
安定化させるのも時間と手間が普通のルースよりもかかってしまいましたが
それだけのカラー層がみえました。。。

これだけカラー層が厚いともちろんカラーチェンジも素晴らしい!の一言です。





 フローティング ディスプレイケースに入れるとまた素晴らしいコレクションになります^O^v




↓こちらのアンモライト!裏側です。^~^    貝殻化石とアンモライト合体バージョン FUSION!!!
表側!   裏側からは想像つかない輝きを発しています。。。。!!!

 こちら素晴らしいプリズム発色です!

それから本日最後に仕上がったのが ↓  です。  
コレクターストーンにも、高級ジュエリーにも向く大きさ(大きめですが)のレインボージェム!

近日販売開始いたします!

オンラインストア  ↓  

http://www.ammoniterainbow.com/collections/check-out-our-new-arrivals

ヤフオク↓

 http://sellinglist.auctions.yahoo.co.jp/user/shakiraelmo



2016年10月11日火曜日

アンモライト情報最新記事


私共はアンモライトを仕入れるのに多くのソースを持っています。
個人の採掘者から業者まで複数のソースに支えられて沢山の美しいアンモライトを
仕入れして加工しております。
それですのでまだまだ加工予定のアンモライトがゴロゴロと工房に眠っています。。。


10月の初旬にカナダ政府より手紙が届きました。
9月23日の
日付で書かれたものでした。
現在アンモライト鉱山業者 と政府の間で問題が解決されるまで、居留地内にある鉱山業者から
仕入れをしないでくださいとの内容でした。
政府からこのような手紙をいただいたのは初めてだったので
私達も少し驚きまして、アンモライトの業者(ネィティブ以外の)と連絡をとりあって状況をよく把握するまでに時間がかかりました。
居留地内にあるアンモライト鉱山は売り上げの何パーセントかを政府に支払うことが義務付けられています。そこで政府から部族の元へ資金が還元される仕組みです。
私共の知る範囲では2つ、居留地の中に鉱山があります。その二つが、色々と事情が沢山あるようですが、支払いを政府にきちんとしていない理由でこのような事態に至ったらしいです。
しかし、鉱山を運営するのは多額の費用がかかることを以前から伺っているので
運営する側も大変だと思います。。。

とても良い質のアンモライトがとれる場所の鉱山なので早く治まってほしいですが、
この問題はおそらく数か月で解決するといわれています。(アンモライトハンティングを職業にしているネィティブインディアンが結構いるので)
コーライト社でさえも他の鉱山から良い質のアンモライトを譲ってもらうので
今回の問題は多くの皆様が早く解決してほしい件になっていると思います。
ご安心ください。
 アンモライト鉱山は居留地内にある鉱山居留地外のパブリックランド(公地)にある鉱山がいくつかありますし、すでに居留地内から採掘されて買収した美しいアンモライトがゴロゴロしています。このゴロゴロしているアンモライトを私たち加工業者が加工しているうちに
問題も解決するはずです。

アンモライトはいつか採りつくされるといわれていますが
まだまだまだ先の話です。
下記の地図をご参照ください。
薄い紫の部分がベアポウ層と呼ばれるアンモナイトがとれる層です。
そのなかでグリーンの丸の部分がアンモライトが採れやすい場所で広範囲に渡っています。